期間限定ですが、会員登録だけでまずは、300ポイント獲得をゲットして、お買い物ができます。
PCサイトからのご登録「GPT.JP」   携帯・スマートフォンサイトからのご登録「GPT.JP」
特定保健用食品・トクホ、栄養機能食品、コエンザイムCoQ10、蜂の子サプリメント
オメガ3クリルオイル、サメ軟骨、育毛剤、栄養機能食品などがお得な価格で

蟻通神社(ありとおしじんじゃ) があるそうじゃ!

地元では「御霊さん」と呼ばれ親しまれている知恵の神様です。
境内にある楠の木は、街中にあるとは思えない程の大木で、安政の大火の時に水を噴いて町を守ったという伝説が残っています。
境内にはイチョウやエノキなどの大木もあり、賑やかな商店街に面してはいますが、静かでくつろげる場所です。
●蟻通しの由来●
むかしのことです。
ここ紀州田辺に外国の使者がやってきました。
その使者は『今から出す問題を解いてみよ もし解けなければ日本国を属国にしてしまう』といいました。そして、持ってきた法螺貝を出して、その貝に一本の糸を通すことを命じました。
日本の神がみは、この難問にたいへん頭を痛めました。その時、ひとりの若い神様が前に進み出て『私が法螺貝にその糸をその糸を通してみせましょう」といって貝の口からどんどん蜜を流し込みました。
蜜は、貝の中の複雑な穴を通り抜けて貝尻の穴へと流れ出しました。そして、この若い神様は蟻を一匹捕らえて糸で結び貝の穴から追い込みました。蟻は甘い蜜を追って、複雑な貝の穴を苦もなく通り抜けました。蟻の体には糸が結ばれていますから法螺貝には完全に糸が通ったのです。
これを見た外国の使者は『日の本の国はやはり神国である』と恐れその知恵に感服して逃げ帰りました。
日本の神がみは、たいそう喜んで『我国にこれほどの賢い神があるのを知らなかった』といって、その若い神様の知恵をほめました。そして、蟻によって貝に糸を通したことにより蟻通しの神と申し上げるようになりました。
今では知恵の神とあがめられています。

(田辺の観光・田辺観光協会・田辺市観光振興課のサイトより引用)

お近くに行った際は、是非訪ねたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Post Navigation

※膠原病には「全身性エリテマトーデス」「関節リュウマチ」「シェーグレン症候群」などがございます。
<読み仮名:こうげんびょう・英語: connective tissue disease [disorder] >
ほぼ、原因が特定されていない病気が指定されております。